【2018年】源田選手UZR

【2018年】源田壮亮選手のUZR(守備指標)は異次元の数値

こんにちは。
すっかり源田選手に守備に魅せられてファンになってしまった
てぃー(@th0m0m)です。

この記事を見て頂いてるということは、
あなたも「源田選手の守備」が気になっているのだと思います。
あなたから見て源田選手の守備はどうだったでしょうか

僕の感覚として・・・
>個人的に源田選手のショート守備は歴代でも最強クラスではないか・・
と思っています。

守備の貢献度を測ることができるUZR(守備指標)で異次元の数値を叩き出す源田選手。
この記事ではこんなことを書いています。

  • 2018年ショートUZR(守備指標)ランキング
  • 2018年の源田選手UZR(守備指標)詳細について
  • 2017年の源田選手UZR(守備指標)詳細について

この記事を読み終わるころにはあなたも・・・
「源田壮亮すげぇ!」
となっていることでしょう。

だいたい5分程度で読める内容となっていますので、
少々おつきあいよろしくお願いします。

そもそもUZR(守備指標)ってなんだろう・・・?
というかたは、姉妹サイト「ファイターズドットコム」の
守備を「指標」で評価ができる「UZR」とは?理解すると野球の楽しみが2倍に!
で詳しく解説しています。

2018年ショートUZRランキング:源田選手の異次元の数値

UZR遊撃手

2018年のショートUZRランキングです。
断トツでトップの位置にいるのは「源田選手」です。
目立ったのは後半戦での躍進です。

推移表(遊撃手)

前半終了時点では他選手と横一線でした。
一気に差がついたのがオールスター明けの後半戦からですね。
ほとんど数値を落とすことなく、異次元の数値を叩き出しています。

源田壮亮選手の凄いところ:UZR(守備指標)は相対評価

このUZR(守備指標)は「相対評価」です。

ショートは各チーム守備の上手い選手を配置してきます。
ということは・・・
通常「数値の差」はつきにくいと予想ができますが、
その中で源田選手はこのUZRの数値。

また、UZR2位の坂本選手と3位の安達選手は言わずとも知れたショートの名手です。
この2人と大きな差をつけての1位・・
というのは大きな価値があると思いますね。

源田壮亮選手の凄いところ:源田選手の守備範囲

「源田選手の守備が凄い」というのがわかりましたね。
では「源田選手の強み」はどこでしょうか?

この表を見てもらうとわかりやすいと思います。
2018年UZR(守備指標)の詳細です。
UZR詳細(源田)

  • DPR (併殺貢献)・・併殺が期待される状況で、どれだけ併殺を完成させたかを計る指標
  • RngR(守備範囲)・・守備範囲の広さを表す指標
  • ErrR(失策防止)・・平均的な失策発生状況と比較し、「どれだけ失策を犯したか」ということから貢献度を計った指標

源田選手の最大の特徴は「RngR(守備範囲)の数値の高さ」にあります。
ようするに「守備範囲が非常に広い」ということですね。

源田選手のRngR(守備範囲)の数値は当然「1位」となってますが、
そのとびぬけ方が凄いですね。
ちなみに12球団平均は「0」となるように調整されています。

源田壮亮選手の凄いところ:2017年のUZRも異次元の数値

源田選手の2018年UZRの数値は断トツでトップとなりました。
それでは新人だった昨年(2017年)のUZRはどうだったでしょうか。

2017UZR表

2017年のUZRも断トツでトップの結果でした。
それでもルーキーイヤーということもあり、
失策数が多かったためErrR(失策防止)の数値はワーストの数値となっていますね。

しかし・・それを差し引いてもRngR(守備範囲)が異次元の数値であり、
UZRそのものの数値は断トツでトップとなっています。

源田壮亮選手の凄いところ:2017年からの修正

2017年はUZRの数値こそ断トツでトップでしたが、
失策数の多さに課題が残りました。

しかし2018年、その部分をしっかりと修正してきましたね。

2017年の失策数21ErrRは-2.3

2018年の失策数11ErrRは3.8

しかも他数値を悪化させずに・・・
それどころか守備範囲を示すRngRの数値は昨年よりも高数値を記録しています。

そして源田選手は現在25歳。
まだまだ守備での活躍も期待ができますね。
ちなみに源田選手の素晴らしい守備は、パ・リーグTVの動画で確認できます。

PERSOL パ・リーグTV ※外部サイトに繋がります

まとめ

まとめますと・・・

  • 源田選手のUZRは2018年・2017年ともに断トツでトップ
  • 源田選手の最大の強みは「とてつもない守備範囲」
  • 2017年→2018年と失策数を減らして進化中

テレビ中継などを見ていると、
特に二遊間側の守備範囲が凄く広く感じるんですよね。
際どい球際の打球でも結構余裕でアウトにしてるのを目にします。

どのようにポジションをとっているのか・・
スタートの1歩目が異常に早いのか・・・
このあたりはテレビ中継や動画ではわかりにくく、
球場でナマで見るしか方法はありませんね。

それにしてもこの源田選手。
守備を見るためだけでも「チケット代」を払う価値はありますね
怪我だけは気を付けてほしいところですね~。

ちなみに、UZRはセイバーメトリクスの指標のひとつです。
「セイバーメトリクス」ってなに?という方には、
姉妹サイトの「ファイターズドットコム」で詳しく解説しています。

理解しておきたい指標などまとめてありますので、
ぜひどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です