【2018年】源田選手UZR

源田壮亮選手の守備力は「守備率」では表せない

こんにちは。
すっかり源田選手に守備に魅せられてファンになってしまった
てぃー(@th0m0m)です。

野球ファン
野球ファン
守備が上手い選手ってだれ?

と聞かれた場合、
あなたは何を参考に答えますか?

  1. なんとなくイメージ
  2. 失策数(エラー数)
  3. 守備率

恐らくですが、
この3つを中心に答えをだすと思います。

しかし、本当に失策数や守備率で守備力を測ることはできてるのでしょうか
野球を長く見ている人ほど疑問に思ってくるのではないでしょうか。

もちろん守備において「失策数」というのは大きい存在です。
失策数が多いとどうしてもイメージは悪くなりますし、
少なければ凄く安定した守備に見えてきます。

では、このブログで注目している源田選手の失策数と守備率はどうなっているでしょうか。
このあたりを含めて詳しく見ていきたいと思います。

この記事を読むとこんなことがわかってきます。

  • 守備力は「守備率」や「失策」だけでは測れない
  • やっぱり源田選手の守備は凄い

だいたい5分程度で読める内容となっていますので、
少々おつきあいお願いします。

源田壮亮選手の守備率について

守備率とはいったい何か?

まずは「守備率」に関して簡単に抑えておきたいと思います。

守備率とは・・守備に関わった回数のうち失策をしなかった率
※守備率 = (刺殺 + 補殺) ÷ (刺殺 + 補殺 + 失策)

計算式からもわかる通り、当然「数値が高いほど優秀」となります。
では12球団トップの守備・・と言われる源田選手の守備率を見てみましょう。

【パ・リーグ】2017年ショート守備率ランキング

1.今宮 健太 (ソ)・・0.988
2.安達 了一 (オ)・・0.986
3.源田 壮亮 (西)・・0.971

2017年の源田選手は失策が21個と非常に多かったため、
守備率は悪い結果となっていますね。

【セ・リーグ】2017年ショート守備率ランキング

1.坂本 勇人(巨) ・・0.987
2.京田 陽太(中)・・0.980
3.倉本 寿彦(De)・・0.979
4.田中 広輔(広)・・0.977

【パ・リーグ】2018年ショート守備率ランキング

1.安達 了一 (オ)・・0.989
2.源田 壮亮 (西)・・0.986
3.中島 卓也 (日)・・0.980
4.藤岡 裕大 (ロ)・・0.979
5.今宮 健太 (ソ)・・0.972
6.茂木 栄五郎(楽)・・0.971

2018年の源田選手は失策が大幅に減り、守備率は改善。
しかし安達選手の失策が少なかったため、
源田選手の守備率は2位という結果です。

【セ・リーグ】2018年ショート守備率ランキング

1.京田 陽太(中) ・・0.991
2.田中 広輔(広)・・0.989
3.坂本 勇人(巨)・・0.982
4.西浦 直亨(ヤ)・・0.981
5.大和   (De)・・0.976

源田選手の守備率は「トップ」ではない

2017年と2018年の守備率を見てもわかるように、
源田選手の守備率は決して突出しているわけではありません。
むしろ「1位」ですらありません。

しかし、現在こういった声が多いのも事実です。

野球ファン
野球ファン
源田選手のショートは12球団でイチバン!

そうなんです。
源田選手は守備範囲が非常に広く、
他の選手と比較しても多くのアウトを獲得しているのです。
2017年のように例え失策数が多かったとしても・・です。

これはUZRという守備指標を見てみるとよくわかります。

守備力を見るならUZR(守備指標)を合わせて見てみる

UZR(守備指標)とは

UZR(守備指標)ってなんだろう・・・?
というかたは、姉妹サイト「ファイターズドットコム」の
守備を「指標」で評価ができる「UZR」とは?理解すると野球の楽しみが2倍に!
で詳しく解説しています。

UZR(守備指標)を簡潔に説明するとこのようになります。

同じ守備位置の平均的な選手が守る場合に比べて、守備でどれだけ失点を防いだか。

内野手であれば・・・

  1. 併殺貢献を示すDPR
  2. 守備範囲をあらわすRngR
  3. 失策防止の指標ErrR


で構成されています。

数値が高ければ高いほど優秀です。
それでは2017年と2018年の源田選手のUZR(守備指標)を見てみましょう。

2017年源田壮亮選手のUZR(守備指標)

2017UZR表
先ほど述べた通り、2017年の源田選手は失策が多い結果となりました。
これはErrRという失策防止の指標にも表れていますね。

源田選手のErrR(失策防止)の数値は、
規定守備イニングに達している選手の中ではワーストです。

しかし注目してほしいのが守備範囲を示すRngRの数値です。
この数値が大幅プラスであり、
ErrR(失策防止)の数値をカバーしていますね。

結果として源田選手のUZR(守備指標)はショートで12球団1位となっています。

2018年源田壮亮選手のUZR(守備指標)

UZR詳細(源田)

2018年も変わらずUZR(守備指標)はトップです。
2017年の時は弱点だったErrR(失策防止)の数値も改善され、
非の打ち所がないUZR(守備指標)となっています。

源田選手のUZR(守備指標)については、
【2018年】源田壮亮選手のUZR(守備指標)は異次元の数値
でも詳しく書いています。

【2018年】源田壮亮選手のUZR(守備指標)は異次元の数値注目される源田選手のUZR(守備指標)。 2017年に引き続き、2018年も異次元の数値を叩き出しています。そんな源田選手のUZR詳細を見ていきます。 最大の特徴は「とてつもない守備範囲」です。RngR(守備範囲)の数値がずば抜けています。...

まとめ

まとめますと・・・

  • 守備力は「失策数」や「守備率」だけでは測れない
  • 「守備率」で見ると2018年ショートは安達選手がトップ
  • UZR(守備指標)で見ると源田選手は断トツでトップ

もちろんUZR(守備指標)が守備力の全て・・とは限りませんが、
ひとつの指標として見る分には面白いと思います。

その中で源田選手は他ショートの名手を抑えて断トツで1位の数値を叩き出している・・
ということですね。

失策数のみ見てしまうと・・・
「2017年の源田選手はダメじゃないか!」
となりますが、守備の指標は1位という結果。

今後はUZR(守備指標)にも注目していきましょう。

ちなみに、UZRはセイバーメトリクスの指標のひとつです。
「セイバーメトリクス」ってなに?という方には、
姉妹サイトの「ファイターズドットコム」で詳しく解説しています。

理解しておきたい指標などまとめてありますので、
ぜひどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です